尼神インター、神コレ初出演 誠子“バッチリメーク”で竹内涼真に会いたい

[ 2018年3月4日 05:44 ]

神戸コレクションのランウェーに初登場した「尼神インター」の誠子(左)と渚
Photo By 提供写真

 兵庫県神戸市出身の誠子(29)と同・尼崎市出身の渚(33)によるお笑いコンビ「尼神インター」が3日、地元の「神戸コレクション2018」(春夏)に初出演した。漫才と初のランウエーウオークを披露し、誠子は「向いてると思う。私の居場所は劇場じゃなくランウエー」と自信満々に手応えを語った。

 プロが1時間半かけて仕上げたメークで登場し、満面の笑み。「1時半の仕上がりが、これ」と鼻で笑う渚に、「あんたの“がに股歩き”はひどい。ランウエー史上一番柄悪かった」とダメ出しで反撃した。

 出演後、今回の“バッチリメーク”で会いたい人を聞かれると、俳優の竹内涼真(24)を挙げて「本気で狙ってる」と宣言。「涼真、私すっごいかわいくなったよ?いつでも抱いて」と猛アピールしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年3月4日のニュース