夏木マリ 事実婚卒業の理由は義母の介護「嫁として世話を」

[ 2018年3月4日 05:30 ]

映画「生きる街」の初日舞台あいさつに出席した(左から)堀井新太、夏木マリ、佐津川愛美、榊英雄監督
Photo By スポニチ

 夏木マリ(65)が3日、都内で行われた主演映画「生きる街」(監督榊英雄)の初日舞台あいさつに出席した。

 東日本大震災から5年後の宮城・石巻を舞台に、家族の絆を描く作品。事実婚状態が続いていたパーカッション奏者の斉藤ノヴ(67)と11年に結婚した夏木は「彼の母が高齢で、嫁として世話をした方がいいと思った」と“フランス婚”を卒業した経緯を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年3月4日のニュース