昨年授賞式でミス 今年も2人で発表担当 名誉回復の狙い?

[ 2018年3月4日 05:30 ]

 昨年のアカデミー賞授賞式で間違った作品賞を発表した女優のフェイ・ダナウェイ(77)と俳優のウォーレン・ベイティ(80)が、今年も再び作品賞を発表する。米誌バラエティーが報じた。

 昨年は担当者のミスで、ダナウェイが「ラ・ラ・ランド」と読み上げた直後に「ムーンライト」と訂正された。2人は映画「俺たちに明日はない」(1967年)で共演した映画界の重鎮で、名誉回復の狙いもあるとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月4日のニュース