7年不倫の内藤聡子 中瀬氏が愛の叱責 岩井志麻子は「みそぎで息子と見合いを」

[ 2017年11月16日 17:41 ]

作家でタレントの岩井志麻子
Photo By スポニチ

 レーシングドライバーの佐藤琢磨(40)との不倫が報じられたフリーアナウンサー・内藤聡子(43)について、かつてTOKYO MX「5時に夢中」(月〜金曜後5・00)で共演していた、新潮社の出版部部長で名物編集者の中瀬ゆかり氏(53)と作家でタレントの岩井志麻子(52)が同番組でコメント。友人としてあえて厳しい言葉を投げかけた。

 番組では、佐藤と内藤アナの7年不倫について掲載した16日発売の「週刊新潮」の記事をピックアップ。16年3月まで同番組のアシスタントを務めていた内藤の記事が取り上げられると、すかさず中瀬氏が「さとこ〜、お前!」とまずは叱責の声をあげた。

 また、出版社に勤務する以上は友人の不祥事や悪口が週刊誌に載ることはしょっちゅうあるとして、今回も「友軍誤爆的な気分」と中瀬氏。「怒っていいのは(佐藤の)奥さんとお子さんたちだけ。私たちがとやかく言うべき話ではない」としたが、それでも「友人として言わせてもらう」と宣言して、内藤へメッセージ。「今後どういう人生を進んでいくかは分からないが、自分の思うような道を歩けたとしても、その道は奥さんやお子さんを悩ませ、苦しめた道の上でできているということを背負っていかないといけない」と厳しい言葉を投げかけた。

 記事では内藤アナを「独身ネタが売りで、セレブ志向」と紹介していることには異を唱え「視聴者の皆さんは知ってますが、あいつは銭ゲバ、腹黒キャスターとして(番組で)やってきた」と説明。「不倫してそうだったので、みんな(報道は)びっくりしてないと思う」と話して笑わせた。

 岩井は「うちの息子と見合いし。これがみそぎじゃ。妻子ある男との恋もつらいが、母親が岩井志麻子っていう男もつらい。もう、全てを、バカエロをテレビで話され、いびられんるんだよ」と、禊として息子の嫁になるべきと呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月16日のニュース