フジ「めざまし」三宅キャスターが欠席、誕生日に急性胆管炎で入院

[ 2017年11月16日 06:51 ]

フジテレビの三宅正治アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビ朝の情報番組「めざましテレビ」(月〜金曜前5・25)のキャスターを務める三宅正治アナウンサー(55)が16日の放送を急性胆管炎のため欠席した。番組冒頭で永島優美アナウンサー(25)が「しばらく放送をお休みすることとなりました」と伝えた。

 前日15日に誕生日を迎えたばかりの三宅アナは同番組出演後、入院したという。番組ではフリップを使って「まさかの誕生日に人生初の入院とは!笑 忘れられない55歳のバースデーになりました。今、内視鏡で処置をしていただき、痛みもなく落ち着いています。きっとスリムになって帰ってきます。お楽しみにぃ!」とコメントを発表した。

 三宅アナと同期の軽部真一アナウンサー(55)は「お互い健康に気をつけなきゃねと言ってるその日ですから。びっくりですよ」と驚きの様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月16日のニュース