佐藤健&土屋太鳳 念願かなって8年越しの夫婦役で相思相愛アピール

[ 2017年11月16日 20:59 ]

映画「8年越しの花嫁」の完成披露試写会に出席した(左から)佐藤健、土屋太鳳
Photo By スポニチ

 俳優の佐藤健(28)と女優の土屋太鳳(22)が16日、主演映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(監督瀬々敬久、12月16日公開)の都内で行われた完成披露試写会で舞台あいさつに登壇した。

 300万人に1人といわれる難病・抗NMDA受容体脳炎を発症した婚約者の回復を信じ続け、婚約から8年後に結婚式を挙げた実在の夫婦の感動ドラマ。佐藤は、「胸を張ってお届けできる作品になりました」と言葉に力を込めた。

 2人は共演シーンはなかったものの、2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」に共に出演して出会い、12年の映画「るろうに剣心」などでも共演した旧知の仲。撮影前には、モデルとなった中原尚志・麻衣夫妻と会ったが、佐藤は「尚志さんはずっとニコニコしていて笑顔が素敵な魅力的な方。僕は笑う芝居に苦手意識があるので、ハードルだった」と苦笑いで振り返った。

 すると土屋が、「健先輩はそう思われているかもしれないけれど、ちゃんとすごく笑われる方。尚志さんの笑顔も素敵ですが、2人が合わさったら最高です」と必死にフォロー。さらに、「病気のシーンでは体重の増減が必要だったのですが、常に気にかけてくださった。試合に臨むボクサーとコーチのような気持ちでした」と感謝した。

 今度は佐藤が、「映画化すると聞いた時から、麻衣役は土屋さんしか浮かばなかった。念願かなって一緒にでき、サポートしたい気持ちはあったけれど、それを考えている時間が僕の役づくりのすべてだった。感謝したいのは僕の方」と相思相愛を強調した。そして、「奇跡」が花言葉の青いバラと「幸せな思いで、忍耐、箱入り娘」が花言葉のホワイトリリーで作った花冠をプレゼント。「お似合いです」と褒めた佐藤に、土屋も「幸せ者です」と笑顔をはじけさせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月16日のニュース