NHK 安室への出演交渉認める「結論が出るまで粘り強く交渉」

[ 2017年11月16日 12:58 ]

歌手の安室奈美恵
Photo By スポニチ

 NHKは16日、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜同11・45)の出場歌手を発表した。来年9月16日での引退を表明している歌手・安室奈美恵(40)はこの日発表された出場歌手に含まれなかった。

 制作統括の矢島良氏は「ご出演はお願いさせていただいている」と安室への出演交渉については認めたが、「詳しい交渉の経緯については、回答を控えさせていただく」とコメント。ギリギリまで難航した去年のSMAPのことも思い出されるが、「状況が決まった段階で公表させていただく」とし、「基本的にはご出演していただけるか、していただけないかの結論が出るまで、粘り強く交渉させていただくことには変わりない。(交渉の)タイムリミットは決まってない」とした。

 それでも、報道陣からの質問は安室の動向に集中。「いつから交渉?」「手応えは?」「企画枠になる?」と矢継ぎ早に質問が飛んだ。矢島氏は「交渉の経緯になるので…控えさせていただく」と繰り返しつつ、「(出演のスタイルは)それも含めてなんとも。いろいろな可能性はあると思うが、そこも含めて出演をお願いしている。具体的なレベルの回答は控えさせていただく。いずれによ、ある種の企画性も含めて決まり次第、発表していく」とも回答した。

 安室の引退発表については「今年の日本音楽シーンの代表的にひと場面だと思うか?」との質問には、「それはそうです。出演をお願いしているのはそういうこと。究極の大トリ?そこまでは話が進んでいない」としつつ、「交渉の経緯になるので控えさせていただく」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月16日のニュース