8年連続紅白出場の西野カナ 電飾数ギネス世界記録の新クリスマスツリーとコラボ

[ 2017年11月16日 20:09 ]

笑顔の西野カナ
Photo By スポニチ

 歌手の西野カナ(28)が16日、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、電飾数でギネス世界記録を持つ新クリスマスツリーとコラボした一夜限りのクリスマスショーを開催した。

 壮大なスケールを誇るクリスマス・ライブショー「天使のくれた奇跡3」終了後にサプライズで登場。5000人の観衆がどよめく中、赤と緑のチェック柄の“クリスマスツリードレス”姿で「久しぶりにUSJに来た!ワクワクしてます」と本人も興奮を隠せない。

 最新のプロジェクション・マッピングで彩られた屋外ステージ上で、前日15日にリリースしたアルバム「LOVE it」の収録曲「Dear Bride」や最新シングル「手をつなぐ理由」など3曲を熱唱。自慢のハイトーンボイスを夜空に響き渡らせた。

 デビュー10年目を迎え、平成生まれの女性ソロアーティストとして史上初となる東京・大阪ドームツアーを敢行するなど今年も精力的に活動。そのため今年もクリスマスの予定については「ホームパーティーが好きで、友達と集まって一緒に料理…にあこがれるけど今のところ実現していない」と苦笑い。

 一方、この日発表されたNHK紅白歌合戦出場歌手に8年連続で名を連ねたことを司会者から祝福されると「ありがとうございます」とちょっぴり照れ笑い。すてきな年末になりそうですね?と振られて「はい」と力を込め、「みなさんもよいクリスマス、よい年末をすごしてくださいね」と微笑んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月16日のニュース