小栗旬 「銀魂2」製作決定も銀髪には抵抗「プランが変わってしまった」

[ 2017年11月16日 17:34 ]

「銀魂パート2」の製作を発表した小栗旬(左)と福田雄一監督
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬が主演する映画「銀魂」のパート2が製作されることが決まった。16日、小栗と福田雄一監督(49)が第1作のブルーレイ&DVD発売記念トークショーを行い発表した。

 公開は来年夏予定で「銀魂パート2」と仮題の段階だが、福田監督は「夏から脚本を書けと言われていたけれど、なかなか書けなくて、ようやく満足のできるものができた」と自信ありげ。「なるべく出番が少ない方がいいな。主役は僕じゃないかも」という小栗の淡い期待を、「もう、けっこう出ちゃっています」と一蹴した。

 主人公の坂田銀時を演じる小栗にとっては銀髪が大敵だったようで、「(傷みで)どんどん切れていくので、このまま地毛では無理となった」と苦い思い出を吐露。さらに、「銀髪にすると、その後ほぼ切らなきゃいけなくなる。来年は長めの髪で勝負していこうと思ったのに、プランが変わってしまった。銀髪だけは本当にしたくない」とこぼした。

 トークでは、第1作で全裸を披露した近藤勲役の中村勘九郎(36)をネタに爆笑し「銀さんも(原作漫画には)けっこうマッパ(真っ裸)のシーンがありますからねえ」と話していたが、既に福田監督からは「下の毛も銀、いけるよね」とリクエストがきているという。小栗はしゅん巡しつつも、「まあ、皆さんが楽しんでもらえるものを作りたいと思います」と自身を奮い立たせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月16日のニュース