世代を超えての共演が話題 藤山扇治郎「ホームグラウンドの大阪でやるのは身が引き締まる思い」

[ 2017年10月31日 18:08 ]

 故・藤山寛美さんの孫で松竹新喜劇の藤山扇治郎(30)、渋谷天外(62)らが31日、大阪・道修町の少彦名(すくなひこな)神社で来月17日に大阪松竹座で開幕する「松竹新喜劇 錦秋公演」の成功祈願と取材会を行った。

 同公演では寛美さんを一躍全国区の名に上げたヒット作「親バカ子バカ」を平成版として上演。扇治郎は寛美さんが演じてきた“アホ息子”に、天外は父で二代目天外さんが演じてきた父親役にと世代を超えての共演が話題で、扇治郎は「やはりホームグラウンドの大阪でやるのは、昔からのファンの方もいますし、身が引き締まる思い」と話した。

 扇治郎の伯母は女優で現在乳がんの治療のため休養中の藤山直美(58)。扇治郎は直美について「僕の妹が2カ月ほど前におばあさんと伯母さん(直美)とすき焼きを一緒に食べたと言ってました。家の誰よりも元気やったと。持て余しているんじゃないでしょうか」と報告した。

 公演は「帰って来た男」と2本立てで24日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月31日のニュース