テレ朝幹部 日曜朝の改編に手応え「視聴率は上がっている」

[ 2017年10月31日 14:38 ]

テレビ朝日社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の定例社長会見が31日、東京・六本木で行われ、10月改編で変わる“日曜日の朝”について言及した。

 同局の10月改編では、日曜朝帯の大胆な編成構造の改革を掲げ、少年隊の東山紀之(50)をMCを務める大型ニュース情報番組「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50〜同8・30)がスタート。亀山慶二専務は「報道番組で時間が必要だとは思うが、現状、昨年の10月よりは視聴率は上がっているので、160分と長い番組ですので、いい感じでスタートできた。ますますいい形になっていくと思う」と期待を寄せた。

 また、この編成で「仮面ライダービルド」が午前8時から同9時スタートに、戦隊シリーズ「宇宙戦隊キュウレンジャー」も午前7時半から同9時半スタートと放送枠が変更。日曜日朝のタイムテーブルを大きく改編した。亀山専務はタイム・テーブルの変更については「変えたばかりですので、定着できるようにいろいろな形を取っていきたい」とコメント。時間帯が動くことに関しては「いろんなご意見をいただいてスタートしているのは間違いはない」としたうえで、「その後に大きは反響はない。定着して見ていただくような努力をしていかないといけない」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月31日のニュース