中居正広 結婚考えたことは「1回もない」 ヒロミ「何が嫌なの?」

[ 2017年10月31日 09:49 ]

 元SMAPの中居正広(45)が30日、TBS「なかい君の学(まなぶ)スイッチ」(月曜深夜11・56)に出演。結婚観を明かした。

 番組では「結婚」をテーマにトークが繰り広げられた。「サンドイッチマン」の伊達みきお(43)が妻でフリーアナウンサーの熊谷麻衣子(47)の出会いは一目ぼれであったとし、「この人と結婚するかもと思った。付き合ってくださいのタイミングで結婚してくださいって言った。(結婚すると)瞬間的に思った」と交際O日でのプロポーズを明かすと、中居は「(一目ぼれは)一回もないわ」と驚いた。

 さらに、そもそも「一回もないもん。この人と結婚するかなって思ったこと。一回もない」とキッパリ。スタジオから驚きの声が上がる中、付き合っている時は「かわいい」などと思うと認めつつも、「それイコール、結婚はない。ずっと一緒にいるのが無理だから。本当に無理だね」と続けた。

 歌手で女優の神田沙也加(31)が「どういう形だったら成立すると思う?」と質問すると、「別居。マンション内別居じゃなくて、棟も別がいい」と言い放った中居。「(2泊3日)も2人きりは無理。友達同士で行くんだったら、まあ…。(1泊2日なら)まあ、しのぎますよ」と苦笑いを浮かべた。

 タレントのヒロミ(52)から「何が嫌なの?」と疑問をぶつけられると、中居は「一緒の部屋にいても、私のことはいなくていいと思っていいからっていうけど、『いや、いるし』と思って…」。神田が「気を遣ってしまうのか?」と問いかけると、中居は「うん…」と小さい声で認め、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月31日のニュース