杉本ゆさ LinQを卒業 結成時メンバー「次の世代へバトン」

[ 2016年11月20日 06:41 ]

卒業発表をしたLinQの杉本ゆさ

 九州、福岡を拠点とするアイドルグループ「LinQ(リンク)」は19日、福岡・天神ベストホールでの定期公演で、来年2月22日に通算15枚目のシングルとなる新曲「負けないぞ」(詞・高木貴司 曲・菊谷知樹)をリリースすることに加え、同曲を最後に11年4月のLinQ結成時からのメンバーである杉本ゆさ(24)が卒業することを発表した。

 公演ラストに出演9人以外の11人のメンバーも登壇し、総勢20人で「Shining Star」を披露。その後に、リーダーの天野なつが17年第一弾シングルとして「負けないぞ」のリリースを発表し、「この曲はいろんな苦難に立ち向かう人々への応援ソングです。私たちも常に“負けないぞ”の気持ちで、これからの自分自身の目標に向けて進み続けるという気持ちを込めて歌います」と決意表明した。

 そして、次に杉本ゆさが「卒業」を発表。驚きで会場が静まり返る中、「LinQはメンバーとファンの皆さんとですてきな景色を見られる場所でした」と声を詰まらせ、「これからもっともっと進化し続けるLinQであるために、私はこの場を次の世代へバトンしたいと思います」と話した。杉本ゆさは、来季から楽天1、2軍巡回投手コーチに就任する杉本正氏(スポニチ本紙評論家)の長女。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年11月20日のニュース