「M―1」決勝進出8組が決定 ハライチ、銀シャリ、スリムクラブら

[ 2016年11月20日 11:11 ]

「M―1グランプリ2016」決勝に進出した(左から)カミナリ、相席スタート、銀シャリ、スリムクラブ、「ハライチ」澤部、スーパーマラドーナ、さらば青春の光

 漫才の頂点を決める「M―1グランプリ2016」決勝進出コンビ8組が20日、東京・六本木のテレビ朝日で発表された。ファイナリストに選出されたのは、カミナリ、スーパーマラドーナ、アキナ、相席スタート、ハライチ、銀シャリ、スリムクラブ、さらば青春の光の8組。

 ネタ順の抽選も行い、アキナ、カミナリ、相席スタート、銀シャリ、スリムクラブ、ハライチ、スーパーマラドーナ、さらば青春の光の順となった。決勝直前に行われる敗者復活戦の勝者は9番目にネタを披露する。

 今年はプロ・アマ合わせて3503組がエントリー。準々決勝まで勝ち上がった28組と、無料動画配信サービス「GYAO!」での再生回数が1位となった「GYAO!」ワイルドカード枠1組を合わせた計29組が19日の準決勝に挑み、決勝進出8組が決定した。

 準決勝を突破した8組は、来月4日に行われる決勝で優勝賞金1000万円を懸けて漫才バトルを繰り広げる。決勝の模様はテレビ朝日系「M-1グランプリ2016」(後6・30)で全国ネット生放送される。

 「M―1グランプリ」は2001年にスタートした漫才コンテスト。過去の王者はすべて男性コンビで、最多ファイナリストは笑い飯の9回(02~10年)。5年の充電期間を経て復活した前回大会は「トレンディエンジェル」が敗者復活戦から優勝した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月20日のニュース