俳優としても活躍の高田純次「悪人の役をやりたい」

[ 2016年11月20日 10:32 ]

 高田純次(69)は4月期のTBS「重版出来!」で出版社の社長を演じるなど、“本業”の俳優としても活躍。今後は「悪人の役をやりたい。俺の年だとオヤジかジジイ役でパターンが決まっちゃうけど、悪いやつの方が面白いよね」と意欲。

 昨年1月に椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄(きょうさく)症で手術を受けた。体調については「大丈夫って言えば大丈夫だし、大丈夫じゃないって言えば大丈夫なんだろうね」と、すっかり回復している様子だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年11月20日のニュース