ノブコブ吉村“木幡、ラブ、木幡”で大穴的中!1万が665万に

[ 2016年6月27日 05:30 ]

「競馬場の達人」の収録で660万円以上の払い戻しを受けた平成ノブシコブシの吉村(左)と端数を持たされる徳井

 平成ノブシコブシの吉村崇(35)が“破天荒”な大穴馬券を的中させた。26日に東京競馬場で行われた「競馬場の達人」(グリーンチャンネル)の収録で、3連単665・7倍の大穴馬券を1万円1点勝負でズバリ的中。払い戻しは665万7000円で、10年以上に及ぶ同番組史上最高額となった。

 会心のヒットは東京6R。兄弟騎手の木幡に注目していたという吉村は弟(巧也)を1着、兄(初也)を3着にして2着は馬名でラブターボを選択。この日は4Rで1000万馬券が飛び出していたとあって「これはいろいろ調べても駄目だなと。“木幡、ラブ、木幡”でいきました」と破天荒な理論を披露した。この模様は8月21日に放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年6月27日のニュース