闘病中の大橋巨泉、連載コラム終了「体力も気力もない」

[ 2016年6月27日 12:42 ]

大橋巨泉

 がんの手術を繰り返し、闘病中のタレント・大橋巨泉(82)が27日発売の「週刊現代」で、1994年から続けてきたコラムの連載を終了した。大橋は「今のボクにはこれ以上の体力も気力もありません」と理由を説明している。

 大橋は同誌で94年から「内遊外歓」のタイトルでコラムをスタート、2008年からは「今週の遺言」と改題して続け、体調不良のため今春から休載していた。

 終了にあたり、「最後の遺言」として安倍晋三首相を批判するとともに、読者への感謝の気持ちをつづっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年6月27日のニュース