ぱるる、中山優馬を“塩対応”で突っぱねる

[ 2016年6月27日 13:50 ]

映画「ホーンテッド・キャンパス」のトークショーに出席した島崎遥香

 俳優の中山優馬(22)と「AKB48」の島崎遥香(22)が27日、映画「ホーンテッド・キャンパス」(監督竹本聡志、7月2日公開)の公開直前イベントとして大学生を対象にしたトークショーを都内のホールで行った。

 観客と同じ大学生を演じ、実際の大学でもロケを行った中山は「撮影の時も周りに大学生の方がいたし、すごく親近感がありますね。活気があって、キャンパスライフっていいなあって憧れと、少し嫉妬もありました」と告白。その後輩役だった島崎も、「大学に行くのが初めてだったので、新鮮で楽しそうだなと思いました」と笑顔で振り返った。

 観客に行ったアンケートを基に、恋人の有無や理想のデートなどの話題で盛り上がり、最近の胸キュンについて聞かれた中山は「いつも家に帰ると胸キュンしていますよ。毎日待ってくれているんで」と意味深な笑み。しかし、会場のファンはその後に続く言葉が想像できていたようで「愛犬のティンクです。まとわりついてきて、めっちゃかわいいんですよ」とうれしそうに話す姿を冷静に受け止めていた。

 一方の島崎は、「(男性が)飲んでいる飲み物がジャスミン茶だったら、ハッとしちゃう」と独特の感性を披露。中山が「僕がジャスミン茶と普通のお茶の2本持ちだったらどうなん?」と迫ったが、「それだったらブレンド茶になっちゃうじゃん」と“塩対応”で突っぱねていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年6月27日のニュース