西内まりや 始球式も崩れ落ちた「悔しさ通り越しました」

[ 2016年6月27日 18:30 ]

始球式を行った西内まりや

 女優で歌手の西内まりや(22)が27日、東京ドームのソフトバンク―ロッテ戦で始球式を務めた。

 福岡市中央区出身でヤフオクドームまでは「徒歩5分に住んでいました」という西内はこの日、ソフトバンクの女性ファンの象徴である「タカガールアンバサダー」に就任。作詞作曲した応援ソング「輝き」も披露し、マウンドに上がったものの、投球は2バウンドの暴投となり、その場で崩れ落ちた。

 「悔しさを通り越しました。思いは160点くらい行っていたのに。ダメダメのアンバサダーですが、みなさん、応援しています」と熱いエールを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2016年6月27日のニュース