国分太一、主演ドラマで高知容疑者、高島礼子と共演「すごく仲が良くて…」

[ 2016年6月27日 08:44 ]

警視庁湾岸署に移送される高知東生容疑者

 TOKIOの国分太一(41)が27日、司会を務めるTBSの情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。24日に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優の高知東生(本名大崎丈二)容疑者(51)と、主演ドラマで共演していたことを明かした。

 国分は「97年にドラマで主役をやらせてもらったときに、高知さんと高島さん二人とも出てくださっていたので本当に驚きました」と、高知容疑者と妻で女優の高島礼子(51)と共演したことがあると告白。「高知“容疑者”という形で紹介することになってしまうとは…」と衝撃を隠せない様子だった。

 国分は日本テレビで1997年に放送された日本テレビ系ドラマ「せいぎのみかた」で高知容疑者、高島と共演。「高知容疑者が現場を盛り上げてくれた」と当時を振り返り、「警察のドラマだったんですけど、お二人は僕の上司役だった。今考えると複雑」と語った。また「その時からお二人はすごく仲が良くて、その後に婚約発表されたので、あの時から付き合っていたのかなと思っていた」と明かした。

 同じく司会を務める真矢ミキ(52)は、警察署に移送される高知容疑者の様子に言及。「ご夫婦とお話をさせていただいたことがあるんですけど、活気に満ちた活力のある方だった。この気むずかしい感じは高知さんに見えない。衝撃です」と語った。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年6月27日のニュース