中国 ガガをけん制 ダライ・ラマと意見交換に「本性認識して」

[ 2016年6月27日 21:13 ]

 AP通信によると、米人気歌手レディー・ガガは26日、米インディアナポリスで開かれた討論会で、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と人種問題などをテーマに意見交換した。

 これに対して中国外務省の洪磊副報道局長は27日の定例記者会見で、ガガの名指しは避けつつ「国際的な人物は(ダライ・ラマの)本性をしっかりと認識してほしい」とけん制した。

 洪氏は、ダライ・ラマは国際社会で「チベット独立を宣伝している」と非難した。中国はこれまでも、ノーベル平和賞受賞者でもあるダライ・ラマを「チベット独立主義者」と見なして敵視し、ダライ・ラマを支持するミュージシャンの中国公演を中止に追い込むなどしている。

 討論会は全米市長会の会合の中で行われ、ダライ・ラマは基調講演も行った。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年6月27日のニュース