佐野元春 3月に腸のポリープ除去手術 予防のため 既に仕事復帰

[ 2016年5月26日 18:10 ]

佐野元春

 ロック歌手の佐野元春(60)が3月下旬に東京都内の病院で腸のポリープ除去手術を受けていたことが26日までに分かった。

 24日付の自身のフェイスブックで明らかにした。

 3月27日に東京国際フォーラムで行われた35周年アニバサリー・ツアー最終公演後に入院。手術を受け、翌日には退院した。「放っておくと重大な疾患に至る可能性」があり「予防的な手術」をしたという。

 術後の経過は良好で、翌日から既に仕事に復帰。「ファンの皆さまにはご心配ないよう、お願いします」と呼び掛けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年5月26日のニュース