ハマスタ「可愛いすぎる売り子」は夢に胸ふくらませる現役女子大生

[ 2016年5月26日 09:40 ]

ビールの売り子から芸能界デビューが決まり、スポニチ本社にやってきたほのか

 プロ野球ファンの間で「可愛すぎるビールの売り子」と評判の現役女子大生が、芸能界デビューする。

 横浜ベイスターズの本拠地、横浜スタジアムで昨年「キリン一番搾り」を最多の2万4000杯売った摺河洸(するが・ほのか)さん(20)。1日100杯売れれば上出来といわれる中、300杯以上売った。

 芸名は、本名の「ほのか」。くしくも、東京ドームの売り子から現在タレントとして大活躍中のおのののか(24)とは、名前が一文字違い。「私もののかさんのように、みんなが知っているタレントさんになれたら」と夢に胸をふくらませている。

 都内の有名女子大2年生。今年も現役の売り子として週3日ペースで働く中、シンガー・ソングライターの川嶋あい(30)らが所属する「つばさグループ」のマネジメント会社アイエヌジーがタレント契約に動いた。同社の佐藤康文社長は「汗だくで元気いっぱいにお客さんに声を掛けながら働く姿がすがすがしかった。とにかく笑顔が抜群。この笑顔は多くの人を明るくし、癒やしてくれると思った」と獲得理由を説明。「ベースボールキャップがこれほど似合う子もいないのでは」と話した。

 愛らしいビジュアルのもう一つの魅力は、約10キロのビール樽(たる)を背負いながら駆け回り、鍛えられたヒップ。デビュー第一弾がスポニチ本社編集局での撮影で「グラビアでもなんでもどんなお仕事にも挑戦したい。両親も凄く喜んでくれているので、売り子の仕事と同様、笑顔を絶やさず頑張りたいです」とニッコリ。売り子も続けながらの芸能活動。“球場で会えるアイドル”の活躍に注目だ。

 ◆ほのか 1996年(平8)3月23日、神奈川県生まれ。都内の私立女子大2年生。特技はドラムと歌。スポーツはバスケットとバドミントンが得意。身長1メートル60、体重41キロ。B78・W59・H82。血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月26日のニュース