コロチキ「キングオブコント」連覇へ弱気 忙し過ぎてネタ作れず

[ 2016年5月26日 06:00 ]

「キングオブコント2016」大会開催決定会見に登場した「コロコロチキチキペッパーズ」のナダル(左)と西野創人

 コント日本一を決める「キングオブコント2016」の開催決定会見が25日、東京・赤坂のTBSで行われ、昨年覇者のお笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」らが出席した。

 昨年の優勝でテレビ、イベントなどに引っ張りだことなり、大ブレークしたコロチキ。西野創人(24)は「シンデレラストーリーとはこのことだなと。本当にガラッと、何もかもが変わった。仕事量は30倍」と劇的な変化を実感。23日の会見では月給が20倍、10万円から200万円にまで跳ね上がったことを明かしていたナダル(31)も「本当に人生が変わったんです。仕事がめちゃめちゃ増えた。2週間ぐらい前に初めての休みで、それまでずっと仕事だったんです。こんなことになるんだなと。すごい大会なんだなと。キングオブコント、やっべーぞ!」と持ちネタを交えてウハウハの表情を見せた。

 大会は今回で9回目となるが、これまで前回の優勝者は翌年の大会には出場していない。コロチキの参加も気になるところだが、西野は「僕らも正直迷っている。出たいんです。でも、勝負できるネタが今のところ、全然ない」と本音をポロリ。優勝後の忙しさもあり、ネタ作りがなかなか進んでいないようで「いいネタが生まれなくて、今に至ってしまっている。エントリー締め切り(7月22日)までに勝負できるネタを作らなければと。6年目でこれからもバーンと行きたいので(連覇)狙ってます。まだまだガンガンいきたい」としながらも「エントリーはわからない。ネタができるか心配」と弱音を吐いた。

 ナダルも「挑戦やめたらそこで終わり」と強気な発言をするも、「本当にできたら絶対出たい。まだ、去年ほどワクワクってネタがない。ネタを作ったら出たい、できなかったら出ません。今はちょっとない」と苦笑した。

 昨年は2455組の頂点に立ったコロチキ。今回参加するユニットへのメッセージを求められた西野は「著作権がややこしいネタをしないことです。2015年のDVDが発売されていないのは僕らのせい。決勝のネタでがっつり曲ネタをやったから」と自虐的にアドバイス。ナダルは「、僕らは5年目で優勝できた。何年目とか関係ない、出なきゃ損。いっぱい出てほしい」と実感を込めて訴えた。

 会見には、すでに今大会への出場を表明しているジャングルポケット、さらば青春の光、ザ・ギース、バンビーノ、うしろシティも出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年5月26日のニュース