GACKT 大ファン「デッドプール」の見どころは「SMのシーン」

[ 2016年5月26日 20:01 ]

映画「デッドプール」プレミア試写会にゲスト出演したGACKT

 歌手のGACKT(42)が26日、米アクション映画「デッドプール」の東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたプレミア試写会にゲスト出演した。

 デッドプールは米マーベルコミックの中でも異色のヒーローだが、GACKTは1990年代後半に「X-MEN」にゲスト出演している頃からのファンと公言。「やっと作品になったのがうれしい。ずっと待っていた。主人公がずっとしゃべっていて、ブラックな発言が多い。英語版で見たので、字幕でどう訳されているか気になるけれど、楽しんでもらえるんじゃないかなあ」と期待した。

 中でもお気に入りは、「SMのシーン」だそうで、「ヒーローなのにって思うけれど、けっこうはまった。ツボでした」とマニアックに推奨。そして、「今のハリウッドは、コミックの映画化もパターン化してきたけれど、これは今までにないアプローチ。世界中でヒットして記録を塗り替えているけれど、日本で塗り替えられなくてつまらない国と思われるのはイヤなので広めてほしい」と力説していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年5月26日のニュース