元AKB内田眞由美 NGT48劇場近くに焼き肉2号店開店へ

[ 2016年5月26日 06:00 ]

オーナーを務める焼肉店「IWA」のフランチャイズ店を新潟市内にオープンさせることが決まった元AKB48・内田眞由美

 AKB48の初代じゃんけん大会女王でタレントの内田眞由美(22)がオーナーを務める焼き肉店「IWA」(東京都新宿区百人町)のフランチャイズ店が今夏、新潟市のNGT48劇場近くにオープンする。

 AKB卒業後に芸能界以外で成功した元メンバーとして注目される内田は「新潟は食べ物がおいしいし、これから発展する場所。NGTと一緒に盛り上げていけたら」と張り切っている。

 内田はAKB在籍中の一昨年4月に「IWA」を開店。「最初は赤字の時もあったが、ターゲットをAKBファンに絞ることで、お客さんが増えた。私も店での“神対応”を心掛けている」と説明。店内にはAKBのライブ映像などが流れ、元メンバーの野中美郷(25)や名取稚菜(20)も時折働いている。

 フランチャイズ1号店は7月下旬に開店予定。「NGTの北原里英キャプテンにも新潟店のことは伝えてあるので、いずれメンバーも食べに来てくれると思う。ファンの方も劇場公演を見た後に来ていただけるとうれしい」と話す。

 IWAのここまでの成功の秘訣(ひけつ)について「運だと思う」と、じゃんけん大会を運で勝ち抜いた初代女王らしく語る一方で「今までコツコツとやって来たからこそ、ここまで来られたと思う。これからも地道な努力を忘れずにいたい」と気を引き締める。

 6月18日に新潟市のハードオフエコスタジアム新潟で開催されるAKB選抜総選挙では、会場周辺で焼き肉弁当を販売する予定。内田がデザインしたオリジナルグッズを付けて1000円程度で売る意向で、自身も店先で来場者に呼び掛けるという。

 また、IWAは会場へのツアーも協賛し、総選挙を盛り上げる。

 内田は今年の総選挙について「さや姉(山本彩)に期待している。彼女とは同じチームになったこともあるし、個人的に一番好き。リーダーシップもあるし、ひそかに尊敬している。さっしー(指原莉乃)と、まゆゆ(渡辺麻友)が強いかもしれないけれど、頑張ってほしい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年5月26日のニュース