元BOφWYメンバー、氷室の「LAST GIGS」見届ける

[ 2016年5月26日 08:10 ]

「LAST GIGS」で熱唱する氷室京介

 ロックバンド「BOφWY」の元メンバーでドラマーの高橋まこと(62)とベーシストの松井常松(55、BOφWY時代は恒松)が、ロック歌手・氷室京介(55)のラストツアー「LAST GIGS」を東京ドームで鑑賞したことが26日、分かった。高橋が自身のブログで報告した。

 東京公演は21、22、23日の3日間行われたが、高橋が訪れたのは2日目にあたる22日の公演。鑑賞したスイートルームには、音楽プロデューサーの糟谷銑司氏(66)氏らBOφWY時代の氷室を支えたメンバーが集結した。

 高橋は「ライブは本当に素晴らしく、これで終わると言ってる奴のステージではなかったな」と感想をつづった上で「卒業ではなく次を待つ"留年"で行こうと思っています」と氷室の復活を希望。「本当にヒムロックお疲れ様でした…一緒にバンドかやれて本当に俺は幸せでした」とねぎらいの言葉を送った。

 また、高橋のブログによると、松井も同じスイートルームから氷室のステージを見届けた。松井は東京ドームを訪れる前日となる21日のブログで「明日は満月だそうです。すべての皆さんに、幸せな一夜となりますように。もちろん、僕にとっても。切なくとも、幸せな一夜となりますように」とコメント。バンド時代に氷室から「シブイ男」と評された松井らしい控えめな言葉で氷室のライブの成功を願っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年5月26日のニュース