柴咲コウ NHK大河「直虎」に自信「いいものができる予感しかしない」

[ 2016年5月26日 13:21 ]

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」キャスト発表会見に登場した柴咲コウ

 女優の柴咲コウ(34)が主演する来年放送されるNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(日曜後8・00)のキャスト発表会見が26日、東京・渋谷の同局で行われ、杉本哲太(50)、三浦春馬(26)、柳楽優弥(26)ら新たな出演者9人が登壇した。

 柴咲コウはこの日発表された共演者について「初めて顔合わせしたばかりですが、これまでに共演させていただいた方もいて、心強さを感じています」と感想。さらに「いいものができる予感しかしない」と自信を見せた。

 本作は戦国時代の女性城主・井伊直虎(なおとら)の生涯を描く物語で、脚本は13年の連続テレビ小説「ごちそうさん」で岡本幸江チーフプロデューサーと組んだ森下佳子さん(45)が担当。制作統括を女性が単独で務め、主演、脚本も女性が務めるのは大河史上初めてで、まさに“おんな大河”となる。

 なお、会見には欠席したが、宇梶剛士、吹越満、でんでん、筧利夫、苅谷俊介の出演も発表された。

 ◆キャスト 杉本哲太=父・井伊直盛/財前直見=母・千賀/前田吟=曽祖父・井伊尚平/小林薫=南渓和尚/三浦春馬=直虎の許嫁・井伊直親/高橋一生=鶴丸・小野政次/柳楽優弥=盗賊団のかしら・龍雲丸/ムロツヨシ=豪商・瀬戸方九/貫地谷しほり=直親の妻・しの

 ◆井伊直虎許嫁(井伊直親)が政争に巻き込まれ生死不明となり、10歳頃に出家。父・直盛が桶狭間の戦いで戦死するなど男が絶え、31歳くらいだった1565年(永禄8)に還俗(げんぞく)して直虎と名乗り城主となった。直親の嫡男・虎松(直政)の後見人として、井伊家を再興させる。1582年(天正10)に47歳くらいで死去。一昨年、同局の「歴史秘話ヒストリア」でその生涯が紹介された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年5月26日のニュース