関根勤 心臓手術後初の生出演 以前にも増して「元気です」

[ 2016年5月26日 07:40 ]

「ZIP!」に生出演した関根勤

 今月2日に心臓疾患の手術を受けていたことが分かったタレントの関根勤(62)が26日、木曜レギュラーを務める日本テレビ「ZIP!」(月~金曜前5・50)に生出演。手術発覚後、初の出演となったが「元気です」と体調が万全であることを報告した。

 番組開始直後、MCの桝太一アナウンサー(34)から手術について尋ねられた関根。「ひょんなことから検査しましたら、心臓の血管が細くなってるっていうんでカテーテルでヒュッと広げていただいて」と経緯を説明し、「手術する前も調子良かったんですけど、今はもっと調子が良いです。元気です」と力強い声で現在の体調を報告した。

 関根は4月上旬、TBS系「サタデープラス」(土曜前8・00)の企画で心臓ドックの検査を受け、冠動脈の狭窄(きょうさく)と診断された。今月2日に「ステント」という筒状の金網を使った冠動脈を広げる手術を受け、4日午前に退院。同日午後、レギュラーを務めるラジオ番組の収録で仕事復帰した。

 21日に放送された同番組の次回予告で、手術を受けたことを発表。28日の放送で検査から手術までを密着した模様が放送されるほか、スタジオに関根本人も生出演し経緯や心境を語ることになっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年5月26日のニュース