松井玲奈、主演舞台でノンスタ石田とラブシーン「申し訳ない」

[ 2016年5月19日 05:30 ]

舞台「新・幕末純情伝」製作発表に出席した松井玲奈(左)と石田明

 元SKE48の松井玲奈(24)が主演する舞台「新・幕末純情伝」(6月23日から東京・天王洲銀河劇場)の製作発表が18日、都内で行われた。

 新選組の沖田総司が実は女性だったという異色の物語で、NON STYLE・石田明(36)が演じる坂本龍馬とのラブシーンがある。報道陣の「相手が石田さんで大丈夫?」との質問に松井は「(自分が相手で)申し訳ない気持ちでいっぱい」と苦笑い。

 先輩の高橋みなみの熱愛報道について問われると「今初めて知りました。プライベートのことは分からないので何とも言えません」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年5月19日のニュース