IMALU「金スマ」共演ベッキーは「申し訳なさそうな雰囲気」

[ 2016年5月19日 15:21 ]

「プロポーズの言葉コンテスト2016」授賞式にゲストとして登場し、プレゼンターを務めたIMALU

 タレントのIMALU(26)、華道家の假屋崎省吾(57)が19日、都内で「第10回恋人の聖地プロポーズの言葉コンテスト2016」授賞式に出席した。

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動で休業中のベッキー(32)が復帰した13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)で共演した2人。IMALUはベッキーの様子を聞かれ「テレビでご覧になった通り。そんな一緒にいたわけではなく、中居さんと2人で話すって感じだったので。でも申し訳なさそうな雰囲気でした」と語った。假屋崎も「なんかね、難しいですね。全然他愛もないことを話しました」と言葉少なだった。

 IMALUは15日放送の同局「アッコにおまかせ」(日曜前11・45)に生出演し、収録について言及。ベッキーが参加することについては「当日聞きました」といい「なるべくバレないように進めていたのか、(ベッキーが)来られるのを知らない方もいた。出演者もギリギリまで知らなかった」とロケが極秘で進められていたことを明らかにし、「ドキドキはしましたが…。(ベッキーは終始)申し訳なさそうだったので、ワイワイという感じではなかった」と振り返っていた。

 同イベントには春香クリスティーン(24)も出席。恋人の聖地親善大使に任命され「プロポーズっていうのは、思い出の一瞬。皆さんの人生をのぞき見できて、幸せのおすそわけをいただいた」と笑顔。理想のプロポーズを聞かれると「国会議事堂が好きなので、国会議事堂が見える景色でして欲しい」と告白。IMALUも「ロマンチックなのが好きなので、海が見えるところ。ベタベタなプロポーズでいい」と妄想していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月19日のニュース