桑田佳祐、ソロ活動を本格化 シングル「ヨシ子さん」6・29発売

[ 2016年5月19日 05:40 ]

3年ぶりシングル「ヨシ子さん」で、ソロ活動を本格化させる桑田佳祐

 サザンオールスターズの桑田佳祐(60)が、ソロ活動を本格化させる。3年ぶりのソロシングルを6月29日に発売。昨年までの3年間はサザンとして活動し、今年上半期は楽曲制作に没頭してきたが、下半期は精力的にソロ活動していく。

 シングルの表題曲のタイトルは「ヨシ子さん」。桑田から直接聞いたスタッフは思わず苦笑いした。現在制作中で、桑田は曲について「インドとラテンとペルシャと東南アジアが交ざった、無国籍なにおいがする、平成のロバート・ジョンソンともいうべき曲になりそうだ」と話しているが、全く説明になっていない。

 ロバート・ジョンソンとは、1930年代の伝説のブルース歌手。他に挙げた世界のさまざまな伝統音楽に、ブルースの要素も加えたポップスとなる。それでいながら、タイトルは歌謡曲風の「ヨシ子さん」という矛盾。レコード会社の担当者は「なんと形容していいか分からない」と困りながらも、「桑田さんの持ち味の語呂合わせとナンセンスの極致の曲。楽しみにしてほしい」と胸を張る。WOWOWの開局25周年CM曲として6月中旬から放送される。

 シングルにはほか、フジテレビの報道番組「ユアタイム」のテーマソング「百万本の赤い薔薇」など3曲が収録される。

 今年2月に還暦を迎えた。音楽への情熱は相変わらずで、年明けからスタジオに入りっ放し。人前で歌ったのは、3月26日に東日本大震災の被災地・宮城県女川町でラジオ番組を公開生放送した時だけだ。現時点で「ライブやテレビ番組への出演は未定」(所属レコード会社)だが、今月14日放送のラジオ番組で「今年中に(皆さんに)会いたいですね」と前向きだった桑田。シングル発売から夏にかけてさまざまな活動が期待できそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月19日のニュース