嵐・大野主演「世界一難しい恋」好調キープ!第6話は11・7%

[ 2016年5月19日 09:36 ]

日テレドラマ「世界一難しい恋」完成披露会見での波瑠

 嵐の大野智(35)が主演を務める日本テレビ「世界一難しい恋」(水曜後10・00)の第6話が18日に放送され、平均視聴率は11・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

 ここまで、第1話12・8%、第2話12・9%、第3話13・1%、第4話は12・2%、第5話11・5%と推移。第6話は11・7%と前週より0・2ポイント数字を上げ、好調をキープした。

 リゾートホテルチェーンの若き社長・鮫島零治(大野)が初恋に目覚める姿を描くラブコメディー。独身の零治は高収入だが、性格に難があり、人望がない。ヒロイン美咲を演じるのは波瑠(24)。NHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインを務めた後、初のドラマ出演となった。

 恋の行方はもちろん、零治社長の趣味に注目が集まっており、キノコ観察とメダカ飼育は視聴者の間でも話題に。第5話で告白の返事を聞く場面では、美咲が「返事大変お待たせして申し訳ありませんでした」と謝ると、零治は「ううん。全然だ。メダカのふ化を一緒に見てからきょうまであっという間の日々だった」と返答。視聴者も「メダカの話の場面、ほっこりして好きだなあ」と趣味が絡んだストーリー展開を楽しんでいる様子だ。

 第6話は、美咲(波瑠)からOKの返事をもらい、ついに零治(大野智)は交際を始める。零治と美咲は水族館でデートをしたり、2人だけの呼び名を決めたりと、関係を深めていく。美咲から仕事とプライベートは分けたいと言われ、零治は2人の関係を公表しないことにする。美咲を連れていく予定のホテル協会のパーティーが翌週に迫り、零治は和田(北村一輝)に美咲との交際を報告する。零治は和田から、今度のパーティーでは協会会長の希望でダンスタイムが設けられることを聞き、美咲と踊ろうと考える。そんな中、白浜(丸山智己)が京都へ出張することになり、サポートしてくれる同行者を募る。出張の日程は、パーティーと重なっていた…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年5月19日のニュース