「神スイング」稲村亜美始球式 陽岱鋼に打たれた

[ 2016年4月6日 06:37 ]

<西・日>始球式のボールを陽に打ち返され驚く稲村亜美

パ・リーグ 日本ハム0-10西武

(4月5日 西武D)
 CMの「神スイング」で話題となったタレント・稲村亜美(20)が、西武―日本ハム1回戦(西武プリンス)で公式戦では神宮球場に続き、2度目の始球式を行った。

 華麗なフォームから自己最速タイの98キロでストライクゾーンに投げ込んだ球を日本ハム・陽岱鋼(ヨウダイカン)に打ち返されるサプライズがあったが「びっくりしました。球場の雰囲気も良く、芝がフカフカで最高でした」と笑顔で話した。稲村は日本女子プロ野球リーグの埼玉アストライアの公認「神サポーター」も務めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月6日のニュース