ストーンズ初の本格展覧会 ロンドン、楽器や衣装展示

[ 2016年4月6日 06:18 ]

 英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」が使った楽器や衣装などを展示する初めての本格的な展覧会「エキシビショニズム」が5日、ロンドンの美術館サーチ・ギャラリーで始まった。9月4日まで。その後は4年をかけて東京やニューヨークなど世界11都市を回る予定。

 会場にはボーカルのミック・ジャガーさんの年代別の衣装や、ギタリストのキース・リチャーズさんが使用したギターなど500点以上が飾られ、メンバーが暮らしていた家やレコーディングスタジオ、コンサートのステージ裏を再現した部屋もある。

 ジャガーさんは展覧会について、英メディアに「コンサートツアーのように大規模にやりたいと長い間考えていた」と述べ、ドラムのチャーリー・ワッツさんは「活動開始から50年以上が経過したのが信じられない。展覧会で最初の頃を振り返ると素晴らしい気分になる」と語った。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月6日のニュース