SMAP存続は可能なのか?残されている「2つの希望」

[ 2016年1月15日 13:00 ]

「SMAP分裂危機」を報じた1月13日付のスポーツニッポン

 分裂危機の渦中にあるSMAPの中居正広(43)が、ジャニーズ事務所の先輩後輩や芸能界の親しい友人たちにメールで心境を明かしていることが14日、分かった。 SMAPというグループ名はジャニー喜多川社長(84)が命名したもの。たとえ5人そろってジャニーズ事務所から独立しても、グループ名を使うことはできない。「独立=SMAP解体」という当たり前のことが分からない状態になっていた。

 中居以外の3人も今では「戻りたい」と思っている。今回の騒動で一番傷ついたのは5人のメンバー。女性マネジャーは自ら芸能界から身を引くことで全員が元の形に戻ることを望んでいるが、無謀なクーデターをしておきながら簡単に戻れるはずがない。

 ただ、わずかな希望は残っている。実は独立の意思を固めて以降、メンバーの誰もジャニー喜多川社長とメリー喜多川副社長に会っていない。4人が直接謝罪をし、さらに今回の騒動を注視している日本中のファンから声が上がれば事態を動かすかもしれない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年1月15日のニュース