×

渦中の草なぎ剛主演「スペシャリスト」初回視聴率17・1%の好発進

[ 2016年1月15日 09:30 ]

SMAPの草なぎ剛が主演を務める「スペシャリスト」のロゴ(C)テレビ朝日

 SMAPの草なぎ剛(41)が主演を務めるテレビ朝日「スペシャリスト」(木曜後9・00)が14日にスタートし、初回の平均視聴率は17・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。15%を超える好発進となった。SMAPは分裂危機の渦中にあるが、国民的スーパースターの底力を示した。

 瞬間最高視聴率は午後10時1分の21・4%だった。

 無実の罪で10年間服役した経験から、犯罪心理のスペシャリストとなった京都府警の刑事・宅間善人(草なぎ)の活躍を描いたスペシャルドラマを連続ドラマ化。京都府警から警視庁へ配属された宅間が、殺人事件の捜査に乗り出す。

 初回は、宅間は東京で、なぜか再び刑務所に収監されていた。10カ月前、京都府警特別捜査係の解散とともに警視庁にやって来た宅間は、その能力を最大限に生かすため警察庁から出向中の滝道(吹越満)が新設した部署に配属された。宅間は、刑事部総務課から転属してきた真里亜(夏菜)とコンビを組み、滝道からの指示で、ある事件の捜査に挑む。それは、名家の主人・新宮司(金藤洋司)の遺体が密室状態の部屋で見つかったもので、首をつった彼の背中にナイフが刺さっていた。自殺か他殺か判然としない状況だったが、現場を見た宅間は次々とトリックを見破る…という展開だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2016年1月15日のニュース