近藤里奈 NMB卒業を発表「違う道で夢を追いかける」27日ラスト

[ 2016年1月15日 21:10 ]

劇場公演で、涙ながらに卒業を発表するNMB48の近藤里奈

 NMB48の近藤里奈(18)が15日、大阪・NMB48劇場で行われたチームM公演で卒業を発表した。「活動していくうちに自分がやりたいことを見つけて、今後は違う道で夢を追いかけて行こうと思った。ずっと夢だった女優という道に向かって頑張っていきたい」と卒業理由を説明。今月27日に卒業公演を行う。

 発表に「うそ!?」と驚く客席。「ホントなんです」と返した近藤の目からは涙があふれた。「NMB48に入ってたくさんの経験をさせていただいた。楽しいこと、うれしいこともあったけど、この5年間は悔しいことがたくさんあった」と吐露し、「ここまで来れたのは、みなさんのおかげ。手紙やコメントが私の支えになってました」と感謝した。

 卒業公演が発表から12日後という“電撃卒業”ぶりに、ファンからはショックの声が上がった。「スタッフとたくさん話し合って決まった結果。卒業してからも自分の夢に向かって頑張るので、残り少ない時間ですけど楽しい思い出作っていきましょう」と前向きに語り、拍手を浴びた。

 チームMキャプテンの藤江れいな(21)は、「私も昨日聞いて凄くビックリしているし、本当なのかなという気持ちがまだある」と語るも、「NMBの初期メンバーとしていろんなことを経験し、その上で女優への道を見つけられたのはすてきなこと。私たちも夢を応援していかなきゃと思う。皆さんも背中を押してあげて」と呼びかけた。

 近藤は2010年9月、NMB48のオープニングメンバーオーディションに合格し、同10月9日に1期生として活動開始。11年3月からチームNに所属したが、14年5月にチームMに異動した。自由な発言を連発する天然キャラで知られた。ニックネームは「りぃちゃん」。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2016年1月15日のニュース