米倉「私、失敗したので」 主演「ドクターX」SPで衝撃決めゼリフ

[ 2016年1月15日 05:30 ]

スペシャルドラマ化が決まった「ドクターX…」に主演する米倉涼子

 女優の米倉涼子(40)が主演のテレビ朝日の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、シリーズ史上初めて一夜限りのスペシャルドラマで制作される。放送は年内を予定しているが、時期や時間は未定。撮影は今月下旬に始まる。

 シリーズ計3作が制作された人気作。「私、失敗しないので」の決めぜりふでたんかを切り、執刀する手術は必ず成功させるヒロイン像が高い支持を集めてきた。

 スペシャル版は、シリーズ最高の視聴率27・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した前回最終回(14年12月18日)以来となる。米倉は、最終回放送の8日後に電撃結婚したが、現在は離婚問題の渦中にある。そんなタイミングで、脚本担当の中園ミホ氏が今回用意した新たな決めぜりふは「私、失敗したので」。視聴者にとっても“まさか”の一言だ。

 公開されたイメージ写真は先週撮影されたもので、変わらぬ脚線美を披露。米倉は「真夏から撮影が始まった前回までと違い、今回は最初から最後まで“真冬の未知子”。それでもいつも通り“素足にミニスカート”なのかな…と、心配だったりもします」と話している。

 スペシャル版は、前回の最終回で宇宙旅行に出掛けた後という設定。新たな舞台は金沢市。内科の最高峰といわれ、外科を徹底軽視する医療センターでの“完全アウェー”な未知子を描く。米倉は「“私、失敗したので”とまさかの衝撃発言も飛び出します。この発言の背景をドラマでご確認いただければ、皆さんにも同じように感じていただけるはずです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年1月15日のニュース