深々一礼も…ゲス川谷、不倫疑惑に触れず 騒動後初のTV生出演

[ 2016年1月15日 20:40 ]

「ミュージックステーション」に生出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音

 ボーカルの川谷絵音(えのん、27)がタレント・ベッキー(31)との不倫騒動になっているロックバンド「ゲスの極み乙女。」が15日、テレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後8・00)の2時間特番に生出演。不倫疑惑が報じられて以降、初の公の場となったが、川谷が騒動に触れることはなかった。

 「ラブソング王は誰だ!?ランキング」と銘打ったこの日、冒頭の登場シーンでは明るい表情の他のメンバーとは対照的に、神妙な顔つきで頭を深々と下げた川谷。司会のタモリとのトークでは歌詞を書く際の心得などについて語り、騒動について言及することはなかった。

 結婚する直前の昨年6月にリリースした「ロマンスがありあまる」を披露し、パフォーマンスが終わると、再び90度のおじぎ。映像がタモリへと切り替わるまで頭を上げることはなかった。 

 川谷とベッキーの不倫疑惑を7日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が報道。ベッキーは6日夜、都内で緊急会見を開き「友人関係であることは間違いありません」と交際を否定。川谷は同日夜に報道各社に送付したファクスで。「ベッキーさんとは親しい友人としてお付き合いさせていただいておりましたが、既婚の身でありながら軽率な行動によって世間を騒がせる事態となり深く反省しております」とつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年1月15日のニュース