おぎやはぎ ベッキーに同情「好感度高すぎてミス許されない」

[ 2016年1月15日 05:41 ]

おぎやはぎの矢作兼(左)と小木博明

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」が14日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演。ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)と不倫疑惑騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)について「好感度高すぎてちょっとしたミスも許されない」と同情した。

 「安心するな、ベッキーほどの完璧な人間がこんなへまをするって」(小木博明)、「完璧な人ほど凡ミスをするんだろうね」(矢作兼)とまさかのスキャンダルに驚き。「すごいじゃん、ベッキーって完全な人間なのに」(小木)とスキャンダル以前の優等生ぶりを振り返った。

矢作は「これがダレノガレ明美だったらたいした問題にならないもんな。ベッキーは好感度高すぎて、ちょっとしたミスも許されないからなあ」と思いやった。少しもイメージを崩すようなことが許されないベッキーのようなタイプを「綱渡り」と表現し、「俺たちはまあまあ太い柱の上を歩いてきているじゃない?やっぱり好感度は怖いな」と分析した。

 一方で川谷について小木は「(ゲスの極み乙女。を)これで知ったからね。(騒動が)すごいプロモーションになっているよ。得だ、これは」とむしろプラスになったという捉え方をしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年1月15日のニュース