きょう手術 大渕愛子弁護士が入院を報告「がんばってきます」

[ 2015年12月22日 13:57 ]

22日に手術を受ける大渕愛子弁護士

 「子宮頸(けい)部高度異形成」と診断され、きょう22日に手術を受ける大渕愛子弁護士(38)が同日、自身のブログを更新。入院したことを報告し「手術後、目覚めて余力があったら、ブログで報告します」と語った。

 ブログの冒頭で「入院しました」と報告した大渕弁護士。「朝から食事と飲水が禁止されていて、腹ペコです」と空腹状態にあることを明かし、「いろいろ食べたいな…」と絵文字付きで率直な気持ちをつづった。

 手術は全身麻酔で行われるため「手術後、いつ目覚めるか分からない」としながらも、「目覚めて余力があったら、ブログで報告します」と表明。「たくさんの応援メッセージありがとうございました」とファンに感謝し、「がんばってきます」と手術直前の心境をつづった。

 大渕弁護士は18日に「子宮頸(けい)部高度異形成」と診断されたことを発表。「子宮頸がんに発展する可能性があるとのことでした」と病状を説明し、22日に手術を受けると報告していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月22日のニュース