紅白曲目発表 80年代のヒットナンバーで盛り上げる!

[ 2015年12月22日 07:29 ]

2年連続のトリを務めることになった松田聖子

 NHKが21日、大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」の出場歌手の曲目を発表した。

 NOKKO(52)率いるレベッカは代表曲の「フレンズ」(85年)。X JAPANは「紅白スペシャルメドレー~We are X!~」と銘打ち、「紅」(89年)など往年のヒット曲をメドレーで披露する。アラフィフたちが80年代のヒットナンバーで盛り上げてくれそうだ。今回で卒業する森進一(68)は「おふくろさん」(71年)。06年の紅白では、森が勝手にセリフをつけて歌ったことで作詞家の故川内康範氏(享年88)から歌うことを禁じられた“おふくろさん騒動”が勃発。同氏の親族らの配慮で解決し、08年に歌うことが許された同曲を7年ぶりに歌唱する。

 関係者によると、松田聖子(53)が昨年に続いて大トリを務めることが決定。82年のヒット曲「赤いスイートピー」を歌う。白組のトリは近藤真彦(51)。81年のヒット曲「ギンギラギンにさりげなく」を歌唱する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月22日のニュース