佐世保市長、歌詞酷似の平浩二に同情「被害者の一人。責任はない」

[ 2015年12月22日 05:30 ]

 長崎県佐世保市の観光名誉大使を務める歌手平浩二(66)の曲「ぬくもり」の歌詞が、Mr.Childrenのヒット曲「抱きしめたい」に酷似している問題で、同市の朝長則男市長は21日の記者会見で「平さんも被害者の一人だと思う。責任はない」との認識を示した。

 問題の歌詞は、平とは別に作詞家・沢久美氏(70)が手掛けた。朝長市長は「むしろ同情する。頑張ってほしい」と述べた。平は佐世保市出身で、今月、大使に就任した。その直後、歌詞酷似問題が浮上した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月22日のニュース