スター・ウォーズ新作 世界の週末興行収入で史上最高に

[ 2015年12月22日 06:15 ]

 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは21日、日本でも18日に公開された人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」の新作「フォースの覚醒」について、公開から20日までの世界の週末興行収入が5億2800万ドル(約640億円)程度となり、史上最高を記録したとの見込みを明らかにした。

 ロバート・アイガー会長兼最高経営責任者(CEO)が米通信社ブルームバーグのテレビインタビューで表明した。フォースの覚醒は主要市場の中国で未公開だが、ことし公開された「ジュラシック・パーク」シリーズの「ジュラシック・ワールド」が樹立した記録の約5億2500万ドルを抜く見通しになった。

 アイガーCEOは米国とカナダの北米週末興行収入についても、2億4700万ドルに達するとの見方を示した。過去最高だったジュラシック・ワールドの約2億880万ドルを抜いた。

 アイガーCEOは出足の興行収入に「とてつもなく大きな数字だ」と手応えを示した。中国では来年1月に上映される予定。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月22日のニュース