乃木坂「2016年問題」で来年2月のバースデーライブ延期

[ 2015年12月22日 03:02 ]

クリスマスメドレーを歌う乃木坂46

 乃木坂46が21日夜、東京・日本武道館でクリスマスライブを行った。

 念願の紅白歌合戦で歌う「君の名は希望」など28曲を披露。キャプテンの桜井玲香(21)は紅白について「ここにいる37人全員で参加します。初出場は一度きりしかない一生に一度のステージ。全員で出ないと意味がない。乃木坂の魅力をいろんな人に届けたい」と意欲を示した。

 だが一方、2013年から毎年、デビュー記念日の2月22日に開催されてきた「乃木坂46 BIRTHDAY LIVE」の、2016年の開催を延期すると発表した。

 公式サイトで「現在、改修工事のために多くの首都圏のライブ会場が閉鎖しており、深刻なライブ会場不足に見舞われ、会場を確保することが難しくなったためです」と理由を説明。「改めて後日発表させていただきます」としている。

 現在、首都圏では2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた建て替えや老朽化を理由に、コンサート会場が次々と姿を消している。今年に入ってからは渋谷公会堂、青山劇場、日本青年館が相次いで閉館。16年には、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)や横浜アリーナ(横浜市)なども一時改修となり、会場不足がピークとなる「2016年問題」に危機感を募らせていたが、人気グループの記念日ライブにも影響が出てしまった形となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年12月22日のニュース