小百合 五郎丸からのメッセージに赤面「ちょっと恥ずかしい」

[ 2015年12月22日 05:30 ]

映画「母と暮せば」大ヒット御礼舞台あいさつに登場した吉永小百合

 12日の公開から10日間で早くも動員60万人を突破した「母と暮せば」の山田洋次監督(84)、母子を演じた吉永小百合(70)と二宮和也(32)が21日、都内劇場でヒット御礼の舞台あいさつを行った。

 大のラグビー好きで知られ、母校の早大ラグビー部の合宿に毎年牛1頭を送り続ける吉永に寄せて、先のW杯で大活躍した日本代表の五郎丸歩(29)から祝福のビデオメッセージも届いた。「(映画を見て)諫早のおばあちゃんに会いたくなりました。“ラグビーの母”として変わらず応援をお願いします」と呼びかけた五郎丸に、吉永は「ちょっと恥ずかしい」と顔を赤らめて感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月22日のニュース