しょこたん 初舞台でヒロイン抜てき「想像もしていなかった」

[ 2015年12月22日 05:30 ]

舞台出演が決まった中川翔子

 タレントの中川翔子(30)がミュージカル「ブラック メリーポピンズ」(演出・鈴木裕美)で01年のデビュー以来、初めての舞台を踏む。

 韓国発の作品は“心理スリラー”という新たなジャンルを打ち立てた異色作。14年に日本に上陸し、一路真輝(50)らを配して人気を呼んだ。20世紀初頭のドイツが舞台。心理学の高名な博士の屋敷で火事が発生。4人の養子を家庭教師メリーが救うが、博士もメリーも姿を消して…。生き残ったヒロインのアンナ役で登場する中川は「自分が舞台に出るなんて想像もしていなかったので、決まった瞬間から緊張しています(笑い)。自分でもどんな舞台になるのか楽しみにしています!」と意欲満々だ。一路の続投も決まっている。来年5月に東京・世田谷パブリックシアターで幕を開け、6月には地方公演も予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年12月22日のニュース