舛添知事 順調な回復を報告「一日も早い都庁復帰を」

[ 2015年4月15日 13:52 ]

東京都の舛添要一知事

 変形性股関節症の治療のため、都内の病院に入院している東京都の舛添要一知事が15日、自身のツイッターを更新、順調に回復していることを報告した。

 「手術から2週間が経ちましたが、順調に回復しています。毎日、厳しいリハビリです」と報告。都によると知事は今月2日に軟骨のすり減った左股関節を人工股関節に入れ替える手術を受けた。

 舛添知事は「人工関節にかえてみますと、筋肉といい、関節といい、いかに人間の体が精巧にできているかを再認識させられます。また、人間の体の再生能力にも驚いています」とツイート。「きちんと訓練を続け、一日も早い都庁復帰を目指します」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年4月15日のニュース