機熟した…テレサ・テンさん切手発売 台湾、没後20年記念し

[ 2015年4月15日 16:18 ]

 「アジアの歌姫」として日本や中華圏で人気を集めた台湾出身の歌手テレサ・テンさんが死去して5月で20年となるのに合わせ、台湾の郵便局で15日、記念切手が発売された。5~15台湾元(約20~60円)の4種類で計385万枚発行。1970年代撮影の写真を使った。

 一部の郵便局では15日未明から購入を待ちわびる人の行列ができた。地元メディアによると、中国など海外からの依頼を受けて並んだ人もいた。

 担当者によると、テレサさんが95年5月8日、タイで急死した直後から発行の要望があったが、台湾では切手の絵柄に芸能関係者の写真を使った前例がないとして実現せず。没後15年の2010年には切手冊子という形で発行された。担当者は「根強いファンの希望でようやく機が熟した」としている。

 テレサさんは「時の流れに身をまかせ」「つぐない」などのヒット曲で知られ、中国でも改革・開放政策が軌道に乗り出した80年代、当局が一時放送禁止にするほどの人気者となった。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年4月15日のニュース